■ Be All Right 【Windows FAQ】 98 Me 2000 XP Network 用語
サイト内検索 
Be All Right トップページWindows 98Windows MeWindows 2000Windows XPネットワークパソコン用語集アンケート
HOMEWindows XPインストールACPI を有効にするためのインストール手順

■ ACPI を有効にするためのインストール手順

WindowsXPを普通にインストールすると、ACPI が有効にならないコンピューターが多いようです。
そこで、ACPI を強制的に有効にするインストール方法を紹介します。
この方法はコンピューターが対応していない場合インストール中にストップしてしまう可能性があるので、その場合は通常インストールを再度行う必要があることを承知のうえで行ってください。

1.Win98起動ディスクの2枚目に XCOPY.EXE  XCOPY32.MOD  SMARTDRV.EXE  以上のファイルをコピーします。
(Win98のCD−ROMにあります。)

2.Win98起動ディスクで起動し、SMARTDRV を実行します。

a:\>smartdrv

3.CD-ROMの i386 フォルダをCドライブにコピーします。

a:\>xcopy□d:\i386□c:\i386

この時、i386 はファイルかディレクトリかを聞かれるので、Dを入力します。

4.コピー終了後、EDIT.EXEを実行。

a:\>edit

5.i386フォルダのtxtsetup.sif を開き、その中のACPI Optionsを検索。
その下にある、ACPI Enable = 2 の値を 1 に変更します。

ACPI Enable = 2

ACPI Enable = 1

6.上書き保存後、 EDIT.EXE を終了し、セットアップを開始します。

c:\i386>winnt

格納パスには c:\i386 を入力します。

途中でストップせずにセットアップが終了すれば ACPI が有効になっているはずです。
ブルー画面でストップした場合は、通常インストールをやり直すことになります。



 
Be All Right 【 Windows FAQ 】

リンクについて
前のページへ

前のページへ
 
Copyright © Be All Right & T-Selection & AIDIX Shop & INFINAL. All Rights Reserved.